妊娠中毒症とは

妊娠時には、様々なリスクというものが伴うものです。

医学が発展し、妊娠・出産におけるリスクというものは、低いものと考えているような男女は多いものなのですが、妊娠や出産には、高いリスクがあるということを忘れてはいけません。

そのリスクの一つに妊娠中毒症に掛かってしまうということが挙げられます。

妊娠中毒症は、妊娠高血圧症候群と呼ばれるもので、妊娠末期と言われている8ヶ月から10ヶ月の時期に発症しやすい病気と言われています。

むくみやたんぱく尿、高血圧といった症状が見られた場合には、妊娠中毒症にかかっている可能性を疑って下さい。

妊娠中毒症になってしまうと、どういったリスクが生じてしまうのかというと、早産になってしまう。

子宮内胎児死亡の可能性が高まる。

未熟児が生まれて来る可能性のアップ。

死産の可能性が高まるというようなことが挙げられます。

これは妊娠中毒症によって胎盤の働きが悪くなってしまうからであり、胎児の発育が上手く行かなくなってしまうからだと言われています。

治療としては、安静と食事療法が原則になっています。

塩分を控え、高タンパクで低カロリーの食事を中心に摂取していくことが求められます。

動物性の脂肪は制限し、植物性の脂肪を中心とした献立にして、糖分の摂取も控えましょう。

妊娠中にしてはいけないこと

妊娠を望み、出産を無事に終えたいという方であれば、妊娠中の生活の仕方には注意を払うべきでしょう。

現代人における妊娠・出産というものは、何気に軽視されている方が大勢にいらっしゃいます。

産婦人科に定期的に通っていれば、勝手に生まれてくるものだというような根拠もない油断をしてしまっている女性が多いのです。

無事に赤ちゃんを生むためには、胎児が無事で生まれてこれるような生活をしていくべきなのです。

妊娠中にしてはいけない生活としては、お腹に負担を掛けるような姿勢を取るような行為です。

しゃがむなどを姿勢を頻発することや背伸びなどをすることでも、お腹に負担を掛けます。

また身体を冷やすような行為です。

薄着で裸足で過ごしているというような生活や、夏場であれば、クーラーがガンガンと効いたような部屋で一日中過ごしたり、睡眠を取るということ。

冷えた飲料などを過剰に摂取するといったもの。

便秘薬やその他妊娠中には、利用を推奨していない医薬品の服用など、こういったことを行うと流産してしまうリスクが拡散にアップしてしまうのです。

避妊に器具装着は珍しくは無い

お互いがが妊娠を望まない性行為もあります。

嫌っているわけではなく、「計画的な性行為」と言うものも夫婦には必要だからで、近年ではコンドームのような避妊具と避妊薬と言うのは併用されていてもおかしくもないのです。

店頭でお買い求めできますし、何よりも通販で定期的に購入されている人もいれば、何度も器具装着をされているので、今では使い方を殆んどマスターされている夫婦も存在するのです。

特に近年では不況もありますので、計画的な子作りは重要となっており、年齢にして若い人であっても・・・数年間に渡り避妊効果が持続するような器具装着の利用にチャレンジされていたりもするのです。

器具装着の正式名称ですが「子宮内避妊器具」と言います。

薬局などもそうですが、ネットでの購入であってもそのまま器具装着のコーナーに売られていますので、器具装着の画像(IDUと呼ばれるプラスチックか、もしくは銅製の2センチ程度の器具)がそれですので、もし計画的な子作りを考えているのであれば購入を検討されると良いです。

器具装着は子宮内で設置し使用するタイプです。

射精後の精子の子宮膣内の着床を防ぐ避妊具なのですが、器具装着については医師による施術が原則となっていますので、最初は面倒かも知れませんが手順を踏まえて利用しましょう。

また、器具装着の利用においては多少の出血が見られる場合もありますが、永久避妊手術に近い避妊効果がデータとして存在しますので、半端な避妊グッズよりは大変効果的とされているのが大きな魅力でもあります。

近年では、器具装着も改良が進んできておりますので、使用感が少なく利用が楽と言う意見も増えてきました。

日常の生活でメンテナンスはいりませんので、あくまでも避妊を目的としているのであれば器具装着は便利でしょう。

ただ、器具装着であっても性感染症については防げませんので、コンドームなどの利用についても理解は必要です。